Home » 未分類 » 一般常識を学び直そう!子どもの名前は慎重に

一般常識を学び直そう!子どもの名前は慎重に

一般常識をふまえた名付けを

昔はお寺で名前を付けてもらったり、おじいちゃんおばあちゃんがつけてくれたりしたので、さほどおかしな名前はなかったようです。でも最近では若い人だけで名前を付けることが多く、おじいちゃんおばあちゃん世代にとっては「意味が分かってつけているの?」と心配になってしまうことも多々あるようですよ。笑い話でよく言われるのが、「海月」と名付けたけれど「くらげ」とからかわれた、などというものです。若い人はどうしても一般常識が足りず、うっかりした名付けをしてしまうことがあります。

うっかりした名付けをしないために

うっかりおかしな名前を付けないために、おじいちゃんおばあちゃんに相談する、近くのお寺に相談するというのも手です。「せっかくの自分の子だから誰にも口出しされたくない」という場合、つけたい名前を徹底的に調べましょう。読みがおかしな意味を持たないか、使う漢字の成り立ちを把握しているか、辞書やインターネットを駆使しましょう。それでも調べきれないということはあるので、信頼できる教養のある人にさりげなく相談してみるとよいですよ。

相談することも時には大事

自分の家族のことを、親や他人に口出しされたくない、というのはよくあることですが、子どもの一生を左右することですから相談することもときには大事でしょう。意見が衝突しそうなら、お寺の住職さんに名付けの相談をするのもいいでしょう。名前自体は一般的でありふれたものでも、我が子につければ唯一の名前になります。それにあまり「特別な名前」にこだわりすぎず、前例の多い名前にすると問題も少ないです。子どものことを第一に考えて名付けましょう。

姓名判断とは名前の画数で運の良し悪しを見る昔からある占いで、生まれてくる赤ちゃんの名前などを決める時によく用います。

最近のコメント